オンライン家庭教師で講師のクオリティが高くなりやすい傾向について

オンライン家庭教師で講師のクオリティが高くなりやすい傾向について

元家庭教師の講師TANAKAといいます。今回はオンライン家庭教師講師クオリティはどう見極めるか?」について判断基準をご紹介します。

オンライン家庭教師の講師といえば「うちは東大在籍・京大卒です」などキャッチコピーを見る限りどこの会社でも同じように見えますが、あれを鵜呑みにしてはいけません。

そのような人材を狙って獲得しているのか、または講師募集にたまたま存在したのか、を比較すると根本的に大きな違いがあるため。

また社会人講師やオンライン家庭教師の講師として多い大学生アルバイトについても、どのような募集方法で在籍しているかによってクオリティは違ってきます。

そこで選んで失敗しないオンライン家庭教師を確実に見つけるためにも、ぜひ「講師」について注目してみてください。

オンライン家庭教師における講師クオリティの見極め方

オンライン家庭教師における講師クオリティの見極め方

オンライン家庭教師の講師クオリティを見極めるもっとも注目したいポイントが「募集方法」です。

一般的な講師の募集方法

一般的な講師の募集方法

オンライン家庭教師の講師を募集する方法として、求人広告などを利用するのが一般的です。

ハローワークをはじめ求人サイトなどへ登録し講師を募集することで、多くの「初めて出会う人」が集まりその中から面接などを通して採用するという方法になります。

この穂募集方法は至極当然ではありますがオンライン家庭教師の講師募集方法としてあまり好ましくなく、高いクオリティの講師陣を形成するために良い方法ではありません。

なぜなら「初めて出会う人」の中から選ぶため。

とくにオンライン家庭教師業界の講師というのは人手不足の傾向にあるため、わりと誰でも講師として迎え入れているといった現実を考えれば好ましくないことが分かると思います。

したがって一般的な募集方法をとっているオンライン家庭教師には、そこまでスキルやクオリティの高い講師が集まりにくいというのが現状です。

高いクオリティの講師が集まりやすい募集方法

高いクオリティの講師が集まりやすい募集方法

クオリティの高い講師が集まりやすいオンライン家庭教師というのは、講師の募集方法に「紹介制度」を用いている場合がほとんどです。

この「紹介制度」を取り入れる理由としては他でもなく、高いクオリティの講師陣を形成するため。

つまり一般的な募集方法で「初めて出会う人」の中からクオリティを見極めるよりも、すでに「高クオリティをもつ人」を講師として迎え入れることにより必然的にハイレベルな講師陣が形成されます。

実際に評判がよく人気のあるオンライン家庭教師というのは講師のクオリティも高く、募集方法まで探ってみるとこの「紹介制度」を取り入れている場合が極めて多いというのが現状。

この「紹介制度」を導入しているオンライン家庭教師はウェブサイトなどで掲載されている場合が多いので、選んで失敗しないためにもぜひ注目していただきたい最大のポイントといえます。

オンライン家庭教師の講師は社会人と大学生どっちがおすすめ?

オンライン家庭教師の講師は社会人と大学生どっちがおすすめ?

オンライン家庭教師の講師には「社会人」「大学生アルバイト」の2通りありますが、どっちがおすすめとはいえません。

このように考えてみてはいかがでしょうか。

  • 社会人講師
    経験豊富で勉強の教え方は上手。ただし年齢によっては子供との相性が懸念される。
  • 大学生アルバイト講師
    兄弟感覚で付き合うことができ子供がなつきやすい。ただし教え方は個人により差がある。

オンライン家庭教師の料金体系では「社会人講師は料金が割高」「大学生アルバイトは割安」という傾向がありますが、金額だけで考えてしまうのはよくありません。

社会人講師のほうが料金も高いので完全におすすめかといえばデメリットもあり、子供との相性が良くなければ結果的に高い学習効果を得ることはできないためです。

子供との相性

また逆に大学生アルバイト講師は料金が安いからといって結果が出ないかといえば違い、個人差による教え方をはじめ、子供との相性によってはより高い学習効果に結びついたという実例も多くあります。

正社員の社会人講師であるほうが教え方のスキルが高いというメリットはありますが、家庭教師という特性上の問題で「いかに子供と近い距離感で教えられるか」という部分が大きく関わってきます。

オンライン家庭教師の講師というのは金額の大小に関わらず、最終的には総合的に考えて「高い学習効果を生じやすい講師」を選ぶことが重要なポイントといえます。

まとめ

今回は「オンライン家庭教師の講師」について、元講師としての経験から業界の裏側も加味した考え方をご紹介してきました。

内容をまとめるとこうなります。

講師のクオリティ‥なるべく「紹介制」による募集方法が好ましい。

講師の選び方‥社会人・大学生の違いよりも相性も含めて「高い学習効果」を考える。

この2点を抑えることで、失敗しないオンライン家庭教師選びにつながります。

ほかにも機能面(情報共有のしやすいシステム)や使用教材などの違いによっても最終的な学習効果は違ってきますので、クオリティの高い講師も含め総合的に比較することが大切です。

tanaka-Allこちらも参考までに。

2021年【17件比較】オンライン家庭教師おすすめベスト3

こちらもおすすめ

【小中学生】2021年オンライン家庭教師ランキング【17社厳選】
小中学生におすすめの「2021年オンライン家庭教師ランキング」を発表します。17社を根拠に基づきオンライン家庭教師をくまなく探った知識および元塾講師のプロ視点から極めて高い健全性を有する会社のランキングです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました