【経験談】オンライン家庭教師でおすすめ機材の組み合わせ

オンライン家庭教師でおすすめ機材の組み合わせ

元家庭教師の講師TANAKAといいます。オンライン家庭教師で使用する機材はさまざまですが「もっともおすすめの組み合わせ」について実体験から解説しようと思います。

オンライン家庭教師で使用する機材は「WEBカメラ」など映し込み機材をはじめ、ペンタブレットなど書き込み用機材を組み合わせてオンライン授業が行われます。

使用機材というのはオンライン家庭教師それぞれで異なり、機材の組み合わせによっては勉強しづらい場合もあるため契約前にしっかりと探っておくことが重要です。

少しでも勉強しやすい機材の組み合わせで運営されているオンライン家庭教師を選ぶことで、より学習内容が頭に入りやすくなる場合も多いのでぜひ参考にしてみてください。

「おすすめオンライン家庭教師が知りたい!」という場合は、こちらをどうぞ。

元講師が18件比較!オンライン家庭教師おすすめランキングベスト3

オンライン家庭教師でおすすめ機材の組み合わせ

オンライン家庭教師でおすすめ機材の組み合わせ

オンライン家庭教師でおすすめ機材の組み合わせは「WEBカメラ+ペンタブレット」というコラボが最強です。

オンライン家庭教師で使用される機材には次のものがあります。

  • WEBカメラ
  • 手元用カメラ(書画カメラ)
  • ペンタブレット

パソコンやタブレットなどインターネット端末機材は必然ですが、それ以外では情報共有をするために必要な機材としてカメラやペンタブレットがあります。

さて問題なのが、すべてのオンライン家庭教師に共通して必要となる「顔を映すWEBカメラ」はさておき、文字情報を共有するための機材が大きなポイントになります。

tanaka-Allオンライン家庭教師で文字情報を共有するためには、

つぎのような2つのパターン(機材の組み合わせ)があります。

  1. 手元用カメラ(書画カメラ)を使い文字情報を物理的に画面へ映し出す方法。
  2. 学習ソフト(ペンタブレット)を介してデジタル式に文字情報を画面で共有する方法。

つまり「アナログ式」「デジタル式」という2つのパターンです。

どちらのパターンを選ぶかによりその後の勉強がしやすさなどに大きな違いが生じます。したがってこの部分をしっかりと探ったうえでオンライン家庭教師を選ぶことが大切になります。

そこでおすすめといえる機材の組み合わせが「デジタル式」で、アナログ式と比較をすると格段に情報共有がしやすく学習内容が頭に入りやすくなるためベストな選択となります。

では「アナログ式」「デジタル式」の主な特徴について解説します。

アナログ式で情報共有する機材の場合

アナログ式で情報共有する機材の場合

手元カメラ(書画カメラ)を使った「アナログ式」で情報共有をする機材の場合は、物理的に手元で書き込む姿を画面に映し出しながらオンライン授業を受けることになります。

すると必然的に講師側としても見せたい情報を手元カメラで画面に映す必要があり、つまり「画面内に2つのカメラ画像が表示される」という環境の中で指導を受けるスタイルです。

いかがでしょう、ちょっと想像をしてみてください。

情報共有がしやすいか?

といえば、手元カメラは限りなく「情報共有がしづらい」と感じるのではないでしょうか。

たとえば子供が書き込んだ計算式に対して、講師が赤ペンチェックをする場合など。

子供が書いた計算式に直接書き込んで手直しができないため、べつに用意した文字情報を使って手元カメラで映し出す必要がある。これが「アナログ式」の使いにくい大きな欠点です。

オンライン家庭教師で使用される機材でこの「アナログ式」を採用している会社もありますので、私ならあまりおすすめできない機材の組み合わせになります。

デジタル式で情報共有する機材の場合

デジタル式で情報共有する機材の場合

情報共有(勉強)しづらいアナログ式ではなく、学習ソフトを使ってペンタブレットで書き込むスタイル「デジタル式」の機材が使用されている場合はかなりおすすめです。

学習ソフトを使うことで画面内に「1つの共有ノート」が表示され、お互いにそのノートに書き込むことによってスムーズな情報共有ができるようになります。

子供が書いた計算式に対して、その文字情報へ講師側からも双方向で書き込めるというスタイルです。

tanaka-Allつまり「情報共有がとても行いやすい」という、

かなり大きなメリットがある機材の組み合わせになります。

画面内に表示される共有ノートへ書き込むため、ペンタブレットなどの書き込み用機材は必要。

しかしスムーズな情報共有による「学習効果アップ」を考えると、ペンタブレットを購入して準備する価値は大いにある機材システムです。

このように「デジタル式」による指導可能な機材が使われていることで無理のない自然な共有が出来るため、もし選ぶのであれば私は「デジタル式」を採用しているオンライン家庭教師を間違いなくおすすめします。

まとめ

今回はオンライン家庭教師の機材について解説しました。手元カメラを使った「アナログ式」よりもペンタブレットを使った「デジタル式」のほうが大幅に勉強しやすいことをお伝えできたかと思います。

実際に私の親戚でもオンライン家庭教師を利用しています。

➝「手元カメラを使った「アナログ式」のため情報共有がしづらく勉強がなかなか進まない」

また一方では、私の友人も家庭学習にオンライン家庭教師を利用しています。

➝「学習ソフトとペンタブレットを使用するデジタル式機材のためサクサク勉強が進む」

このように使用される機材の組み合わせによって、その後の情報共有にとても大きな影響を及ぼします。したがって事前にしっかりと使用機材について詳しくチェックしたうえでオンライン家庭教師を契約されることをおすすめします。

実際に私の子供にもオンライン家庭教師を利用して家庭学習をさせていました。もちろん「デジタル式」で機材運営しているオンライン家庭教師を利用しスムーズな情報共有と学習量アップにつながりました。

もう一度お伝えしますが使用機材によって情報共有に大きな差が出ます。

  • 手元カメラ(書画カメラ)を使ったアナログ式
  • 学習ソフト(ペンタブレット)を使ったデジタル式

オンライン家庭教師にはこの2パターンの使用機材があります。

いずれにしても手元カメラまたはペンタブレットを購入する必要があり、少しでも勉強のしやすい環境を求めるのであれば私は「ペンタブレット」を選ぶことで失敗をなくせると感じます。

またデジタル式を選ぶメリットですが、パソコンではなくタブレットをネット端末機材として使用することで、直接書き込めるためペンタブレットを購入する必要はなくなります。

ぜひオンライン家庭教師の選び方として、1つの参考になさってみてください。

tanaka-Allこちらも参考までに。

完全におすすめといえるオンライン家庭教師です。

2021年【18件比較】オンライン家庭教師おすすめベスト3

こちらもおすすめ

【小中学生】オンライン家庭教師「用途別」一覧表
小中学生におすすめの「2021年オンライン家庭教師ランキング」を発表します。オンライン家庭教師18社を根拠に基づきくまなく探った知識および元塾講師のプロ視点から極めて高い健全性を有するランキングです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました